AMD Radeon Pro W6600M:仕様書とテスト

概要

AMDは8 6月 2021にRadeon Pro W6600Mを販売し始めました。 これは、主にデザイナー向けのRDNA 2のアーキテクチャと7 nm製造プロセスに基づいたノートブックのビデオカードです。 ビデオカードには、14 GHzの頻度で8 ギガバイトのGDDR6のメモリーがあり、128 Bitのインターフェースとともに224.0 ギガバイト/sの帯域幅を作成します。

互換性の観点から、これはPCIe 4.0 x8インターフェースを介して接続されるのカードです。 消費電力は90 Wattです。

Radeon Pro W6600Mのテスト結果に関するデータはありません。

一般的な情報

Radeon Pro W6600Mのタイプ(デスクトップまたはラップトップの)とアーキテクチャに関する情報及び販売の開始時間とその時点のコストに関する情報です。

性能のランキングでの位
不参加
 
アーキテクチャー
RDNA 2
 
コードネーム
Navi 23
 
タイプ
モバイルワークステーション向けの
 
発売日
8 6月 2021 (1年未満前)
 

仕様書

シェーダーの数、GPUコアクロック、製造プロセス、テクスチャリング、計算速度などのRadeon Pro W6600Mの一般的な性能のパラメーターです。これらのパラメータは間接的にRadeon Pro W6600Mの性能を表しますが、正確な評価のために、ベンチマークとゲームテストの結果を考慮する必要があります。

シェーダープロセッサの数
1792
 
10752から (GA102)
Boost周波数
2903 MHz
 
トランジスタの数
11,060 million
 
技術プロセス
7 nm
 
5から (Apple M1 GPU)
消費電力(TDP)
90 Watt
 
900から (Tesla S2050)
テクスチャリングの速度
325.1
 
779.2から (Radeon RX 6900 XTX)

互換性、寸法、要件

他のコンピューターコンポーネントとのRadeon Pro W6600Mの互換性に関する情報です。 将来のコンピュータ構成を選択するとき、または既存の構成をアップグレードするときに役立ちます。 ノートブックのビデオカードのために、ビデオカードがコネクタ経由で接続され、マザーボードにはんだ付けされていない場合に、これはノートブックの推定サイズ、バス、および接続コネクタです。

インターフェース
PCIe 4.0 x8
 
補助電源コネクタ
なし
 

メモリー

Radeon Pro W6600Mにインストールされているメモリーのパラメータは、そのタイプ、サイズ、バス、クロック、および結果として生じる帯域幅です。プロセッサーに統合されたビデオカードには専用メモリーがなく、システムRAMの共有部分を使用することに注意してください。

メモリーのタイプ
GDDR6
 
最大メモリー容量
8 ギガバイト
 
80から (A100 SXM4 80 GB)
メモリーのバスの幅
128 Bit
 
6144から (GRID A100A)
メモリー周波数
14000 MHz
 
19500から (GeForce RTX 3090)
メモリー帯域幅
224.0 ギガバイト/s
 
1024から (Radeon VII)

ビデオ出力

Radeon Pro W6600Mで使用可能なビデオコネクタを一覧表示します。 原則として、このセクションはデスクトップ参照ビデオカードにのみ関連します。ノートブックの場合、特定のビデオ出力の可用性はラップトップモデルに依存するためです。

ディスプレイコネクタ
No outputs
 

APIサポート

Radeon Pro W6600MにサポートされているAPIが、そのバージョンも含めてリストされています。

DirectX
12.0 (12_1)
 
シェーダーモデル
6.5
 
OpenGL
4.6
 
OpenCL
2.1
 
Vulkan
1.2
 

NVIDIAからの同等

NVIDIAのRadeon Pro W6600Mの最も近い敵はQuadro RTX 5000 (モバイル)だと考えています。

ここでは、Radeon Pro W6600Mに最も近いNVIDIAのライバルを紹介します。

他のビデオカード

ここでは、レビューしたものとほぼ同等の性能を持つ、いくつかのおすすめのグラフィックカードを紹介します。

ユーザーの評価

ここでは、ユーザーによるビデオカードの評価を見ることができ、自分の評価を付けます。

アドバイスとコメント

ここでは、Radeon Pro W6600Mについて質問したり、評価に同意または反対をしたり、サイトのエラーや不正確な情報を報告したりできます。