AMD VII対AMD RX 5700 XT

一般的な情報

Radeon VIIとRadeon RX 5700 XTのタイプ(デスクトップまたはラップトップの)とアーキテクチャに関する情報及び販売の開始時間とその時点の値段に関する情報です。

性能のランキングでの位
 
お得感(0-100)
2.62
 
1.23
アーキテクチャー
Vega
 
Navi / RDNA
コードネーム
Vega 20
 
Navi 10
タイプ
デスクトップの
 
デスクトップの
発売日
7 2月 2019 (2年前)
 
7 7月 2019 (1年前)
発売価格(MSRP)
$699
 
$399
今の価格
$136
 
$1412

仕様書

シェーダーの数、GPUコアクロック、製造プロセス、テクスチャリング、計算速度などのRadeon VIIとRadeon RX 5700 XTの一般的な性能のパラメーターです。これらのパラメータは間接的にRadeon VIIとRadeon RX 5700 XTの性能を表しますが、正確な評価のために、ベンチマークとゲームテストの結果を考慮する必要があります。

シェーダープロセッサの数
3840
 
2560
コア周波数
1400 MHz
 
1605 MHz
Boost周波数
1750 MHz
 
1905 MHz
トランジスタの数
13,230 million
 
10,300 million
技術プロセス
7 nm
 
7 nm
消費電力(TDP)
295 Watt
 
225 Watt
テクスチャリングの速度
420.0
 
304.8

互換性、寸法、要件

他のコンピューターコンポーネントとのRadeon VIIとRadeon RX 5700 XTの互換性に関する情報です。 将来のコンピュータ構成を選択するとき、または既存の構成をアップグレードするときに役立ちます。 デスクトップのビデオカードのために、ビデオカードの物理的なサイズ(マザーボードとPCケースとの互換性)、インターフェイスとバス(マザーボードとの互換性)及び追加の電源コネクタ(電源との互換性)です。

インターフェース
PCIe 3.0 x16
 
PCIe 4.0 x16
長さ
305 mm
 
272 mm
補助電源コネクタ
2x 8-pin
 
1x 6-pin + 1x 8-pin

メモリー

Radeon VIIとRadeon RX 5700 XTにインストールされているメモリーのパラメータは、そのタイプ、サイズ、バス、クロック、および結果として生じる帯域幅です。プロセッサーに統合されたビデオカードには専用メモリーがなく、システムRAMの共有部分を使用することに注意してください。

メモリーのタイプ
HBM2
 
GDDR6
最大メモリー容量
16 ギガバイト
 
8 ギガバイト
メモリーのバスの幅
4096 Bit
 
256 Bit
メモリー周波数
1000 MHz
 
14000 MHz
メモリー帯域幅
1024 ギガバイト/s
 
448.0 ギガバイト/s

ビデオ出力

Radeon VIIとRadeon RX 5700 XTで利用可能なビデオコネクタを一覧表示します。 原則として、このセクションはデスクトップ参照ビデオカードにのみ関連します。ノートブックの場合、特定のビデオ出力の可用性はラップトップモデルに依存するためです。

ディスプレイコネクタ
1x HDMI, 3x DisplayPort
 
1x HDMI, 3x DisplayPort
HDMI
+
 
+

テクノロジー

Radeon VIIとRadeon RX 5700 XTにサポートされているテクノロジーソリューションとAPIを表示します。 この情報は、ビデオカードが特定のテクノロジをサポートする必要がある場合に必要になります。

VR Ready
データなし
 
+
Multi Monitor
データなし
 
+

APIサポート

Radeon VIIとRadeon RX 5700 XTにサポートされているAPIが、そのバージョンも含めてリストされています。

DirectX
12 (12_1)
 
12 (12_1)
シェーダーモデル
6.4
 
6.5
OpenGL
4.6
 
4.6
OpenCL
2.0
 
2.0
Vulkan
1.2.131
 
+

ベンチマークテスト

これらは、ゲーム以外のベンチマークで性能をレンダリングするためのRadeon VIIとRadeon RX 5700 XTのテストの結果です。 合計スコアは0〜100の範囲で、100は現時点で最速のビデオカードに対応します。

全体的なベンチマークテストでの性能

これは、当社のベンチマーク性能の総合評価です。私たちは定期的に結合アルゴリズムを改善していますが、もし何か矛盾を感じられた場合は、コメント欄で遠慮なくおっしゃってください、通常は問題を迅速に解決します。

Radeon VII 65.16 +1.3%
RX 5700 XT 64.32

3DMark Ice Storm GPU

Ice Storm Graphicsは、3DMarkスイートの一部で、廃止されたベンチマークです。Ice Stormは、エントリーレベルのノートパソコンやWindowsベースのタブレットのパフォーマンスを測定するために使用されていました。DirectX 11の機能レベル9を利用し、1280x720の解像度で、凍った惑星の近くで2つの宇宙艦隊が戦う様子を表示します。2020年1月に廃止され、現在は3DMark Night Raidに取って代わられています。

Radeon VII 430170
RX 5700 XT 456114 +6%

3DMark Cloud Gate GPU

Cloud Gateは、家庭用PCや基本的なノートPCで使用されていた、時代遅れのDirectX 11機能レベル10のベンチマークです。1280x720の固定解像度で、奇妙な宇宙テレポーテーション装置が未知の世界に宇宙船を打ち上げるシーンをいくつか表示していました。Ice Stormベンチマークと同様に、2020年1月に廃止され、3DMark Night Raidに取って代わられました。

Radeon VII 146094 +3.5%
RX 5700 XT 141116

3DMark Fire Strike Score

Radeon VII 22241 +0.5%
RX 5700 XT 22129

3DMark Fire Strike Graphics

Fire Strikeは、ゲーミングPC向けのDirectX 11ベンチマークです。このベンチマークでは、人型の人間と溶岩でできた炎のような生き物との戦いを、2つの異なるテストで表現しています。解像度1920x1080のFire Strikeでは、十分にリアルなグラフィックが表現されており、ハードウェアへの負担も大きいものとなっています。

Radeon VII 27449 +8%
RX 5700 XT 25422

3DMark 11 Performance GPU

3DMark 11は、Futuremark社が開発した旧式のDirectX 11ベンチマークです。沈没船を探索する数隻の潜水艦と、ジャングルの奥深くにある廃墟の寺院という2つのシーンを題材に、4つのテストを行いました。すべてのテストはボリュームライトニングとテッセレーションを多用しており、1280x720の解像度で行われたにもかかわらず、比較的負荷がかかっています。2020年1月に販売終了した3DMark11は、Time Spyに取って代わられました。

Radeon VII 37881 +6.5%
RX 5700 XT 35578

3DMark Vantage Performance

3DMark Vantageは、DirectX 10のベンチマークとしては古いものです。3DMark Vantageは、海の洞窟の中にある軍事基地から脱出する少女と、無防備な惑星を攻撃する宇宙艦隊の2つのシーンでグラフィックカードに負荷をかけます。2017年4月に廃止され、現在はTime Spyベンチマークが代わりに使用されることが推奨されています。

Radeon VII 62128
RX 5700 XT 66436 +6.9%

SPECviewperf 12 - specvp12 sw-03

Radeon VII 87
RX 5700 XT 100 +14.9%

SPECviewperf 12 - specvp12 snx-02

Radeon VII 19
RX 5700 XT 39 +105.3%

SPECviewperf 12 - specvp12 mediacal-01

Radeon VII 51 +10.9%
RX 5700 XT 46

SPECviewperf 12 - specvp12 maya-04

Radeon VII 110 +8.9%
RX 5700 XT 101

SPECviewperf 12 - specvp12 energy-01

Radeon VII 16.9 +33.1%
RX 5700 XT 12.7

SPECviewperf 12 - specvp12 creo-01

Radeon VII 62
RX 5700 XT 74 +19.4%

SPECviewperf 12 - Catia

Radeon VII 159 +0%
RX 5700 XT 159

SPECviewperf 12 - specvp12 catia-04

Radeon VII 170 +2.4%
RX 5700 XT 166

SPECviewperf 12 - 3ds Max

SPECviewperf 12ベンチマークのこのパートでは、3DS Maxを使った作業をエミュレートし、建築物のモデリングやコンピュータゲーム用のアニメーションなど、さまざまな使用シーンで11のテストを実行しました。

Radeon VII 167
RX 5700 XT 174 +4.2%

SPECviewperf 12 - specvp12 3dsmax-05

Radeon VII 175
RX 5700 XT 187 +6.9%

Passmark

Passmark PerformanceTestスイートの一部で、おそらく最もユビキタスなベンチマークです。Direct3Dのバージョン9、10、11、12の4つのベンチマーク(最後のベンチマークは可能な限り4K解像度で行う)と、DirectComputeの機能に関するいくつかのテストを行い、グラフィックスカードを徹底的に評価します。

Radeon VII 17049 +1.3%
RX 5700 XT 16828

ゲームでのテスト

ゲームでのRadeon VIIおよびRadeon RX 5700 XTのテスト結果で、FPSで測定されます。

AMD Radeon VIIの利点

模擬のテストで1.3%速く

安い ($136対$1412)

より広いメモリーバス (4096対256 ビット)

よりパイプラインが多い(3840対2560)

より高いメモリ帯域幅(1024対448GB / s)

AMD Radeon RX 5700 XTの利点

ビデオカードの方が新しい (7 7月 2019対7 2月 2019)

消費電力が少ない(225対295ワット)

Vulkan

では、VII又はRX 5700 XTですか?

Technical CityはAMD Radeon VIIとAMD Radeon RX 5700 XTの間で選択を決定できません。 私たちの意見ですが、性能の違いは小さすぎます。

Radeon VIIとRadeon RX 5700 XTのどちらを選択するかについてまだ質問がある場合は、コメントで遠慮なくご質問ください。

投票してください

私たちの意見に同意しますか?それとも別の考え方をしますか? [いいね!]ボタンをクリックして、お気に入りのビデオカードに投票してください。

AMD Radeon VII
AMD Radeon RX 5700 XT
いいね!
いいね!

比較

ここでは、より多くの選択肢の中から、レビューに近い性能を持つグラフィックスカードをいくつか選んで比較しています。

ユーザーの評価

ここでは、グラフィックスカードのユーザー評価を見ることができるだけでなく、自分で評価することもできます。

アドバイスとコメント

ここでは、Radeon VII又はRadeon RX 5700 XTについて質問したり、評価に同意または反対をしたり、サイトのエラーや不正確な情報を報告したりできます。