AMD Phenom X4 9950 BE (125W):仕様書とテスト

VS
今の価格 データなし
ゲームサポート 10%
AMD Phenom X4 9950 BE (125W)
AMD Phenom X4 9950 BE (125W)
Buy
  • インターフェース
  • コア周波数
  • ビデオメモリー容量
  • メモリーのタイプ
  • メモリー周波数
  • 最大解像度
発売年 2008
性能  

概要

AMD10月に 2008にAMD Phenom X4 9950 BE (125W)を販売し始めました。 これは、主にホームシステム向けのAgenaのアーキテクチャに基づいたデスクトップのCPUです。 CPUには4 コアと4 スレッドがあり、65 nmの技術プロセスを使用して製造されて、最大周波数は2600 メガヘルツで、乗数はロック解除されています。

互換性の観点から、これはTDP125 Wattを備えたAMD Socket AM2+のソケットのCPUです。

Phenom X4 9950 BE (125W)のテスト結果に関するデータはありません。

一般的な情報

Phenom X4 9950 BE (125W)のタイプ(デスクトップまたはラップトップの)とアーキテクチャに関する情報及び販売の開始時間とその時点のコストに関する情報です。

性能のランキングでの位不参加
タイプデスクトップの
アーキテクチャのコードネームAgena (2007−2008)
発売日10月 2008
(14年前)

仕様書

クロック、製造プロセス、キャッシュサイズ、コアとスレッドの数や乗数ロック状態などのPhenom X4 9950 BE (125W)の定量パラメーターです。 これらのパラメーターは間接的にPhenom X4 9950 BE (125W)の性能を表しますが、正確な評価のために、テスト結果を確認する必要があります。

コア4
スレッド数4
最大周波数2.6 GHz7.3から (Ryzen 9 7900)
L1キャッシュ128 キロバイト (コアに)1536から (EPYC Embedded 3401)
L2キャッシュ512 キロバイト (コアに)12288から (Core 2 Quad Q9550)
L3キャッシュ2 メガバイト (合計)32から (Ryzen Threadripper 1998)
プロセス65 nm4から (Ryzen 9 7940HS)
集積回路の単結晶のサイズ285 ミリメートル2
トランジスタの数450 million9900000から (Ryzen 5 7645HX)
64ビットのサポート+
Windows11との互換性-
ロック解除された乗数+

互換性

他のコンピュータコンポーネントやデバイスとのPhenom X4 9950 BE (125W)の互換性に関する情報:マザーボード(ソケットタイプの確認)、電源ユニット(消費電力の確認)など。将来のコンピュータ構成を計画したり、既存のコンピュータをアップグレードする際に役立つ。 一部のプロセッサーの消費電力は、オーバークロックをしていなくても、公称TDPを大幅に上回ることがあるので注意が必要です。マザーボードでCPUの電源パラメータを調整できる場合は、公称消費電力の2倍になるものもある。

構成内の最大CPU数18から (Xeon Platinum 8160M)
ソケットAM2+
消費電力(TDP)125 Watt400から (Xeon Platinum 9282)

仮想化テクノロジー

仮想マシンを高速化するPhenom X4 9950 BE (125W)にサポートされているテクノロジーが表示されます。

AMD-V+

ベンチマークテスト

これらは、ゲーム以外のベンチマークで性能をレンダリングするためのPhenom X4 9950 BE (125W)のテストの結果です。 合計スコアは0〜100の範囲で、100は現時点で最速のCPUに対応します。


Phenom X4 9950 BE (125W)のテスト結果に関するデータはありません。


推奨グラフィックカード

統計によると、これらのグラフィック カードは Phenom X4 9950 BE (125W) で最も一般的に使用されています。

ユーザーの評価

ここでは、ユーザーによるCPUの評価を見ることができ、自分の評価を付けます。


3.7 15 評価の数

1から5のスケールでAMD Phenom X4 9950 BE (125W)を評価してください:

  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5

アドバイスとコメント

ここでは、Phenom X4 9950 BE (125W)のCPUについて質問したり、評価に同意または反対をしたり、サイトのエラーや不正確な情報を報告したりできます。